土地活用

ドラマや映画ではメリットにフォーカスがあてられがちな土地の相続。しかし、実際は突然の相続で活用の仕方が分からず、困惑する方が多くいます。相続した土地は、活用せずにそのまま所有していると、固定資産税だけを支払うことになってしまうため、何らかの形で活用しましょう。

相続した土地の活用方法は?

相続した土地を活用する方法は、大きく4つあります。

1.売却して現金化する方法
相続した土地は、売却することで現金化できます。その際は、まず不動産会社に土地の状態や周辺の環境、条例などの調査を依頼し、査定をしてもらいます。査定が完了したら購入者を探し、購入者が決まったら売却価格や引き渡しの時期を交渉するという流れです。土地の管理が必要なく、もっとも手軽な活用方法です。

2.建物を建てて住居にする方法
相続した土地に建物を建て、自らの住居として利用します。本来、家を建てるためには土地を購入しなければなりません。しかし、相続した土地を活用すれば、土地探しの必要がありません。土地の購入に伴う支払いもないため、少ない手間や費用で家を建てられます。現在、賃貸マンションやアパートで暮らしている方におすすめの活用方法です。

3.建物を建てて貸し出す方法
相続した土地に建物を建て、住居ではなく、賃貸やテナントとして貸し出します。貸し出す相手を明確にし、ニーズに沿った建物を建てることができれば、安定した収入を得ることができます。すでにマイホームを持っている時は、こちらの活用方法がおすすめです

4.土地のみを貸し出す方法
建物を建てずに土地のみを貸し出します。建物を建てるよりも初期費用が抑えられるというメリットがあります。また、土地を借りた方が、自分の都合に合わせて建物を建てられるため、様々な目的で土地を利用したい方が集まりやすいです。

以上で紹介した4つの活用方法には、それぞれ異なるメリットがあります。そのため、もっとも恩恵を受けられる活用方法は、相続した方の状況や、土地の状態、立地、活用の目的などによって変わります。一時的に大きな収入を得たい場合は売却が、継続的に収益を得たい場合は貸し出しが、自らの暮らしの質を上げたいなら住居としての活用が適しています。

共有者がいる場合、思うようにいかない場合も

相続した土地を活用したくても、共有者がいる場合、話は複雑になります。共有者以外に建物や土地を貸し出すためには、同じ土地を相続した管理者の過半数に賛成をもらわなければなりません。共有者に相談できない場合、相続した土地のうち、自分の持分(共有持分)を売却することをおすすめします。共有持分の売却ならば、共有者の賛成がなくても可能です。

共有持分を売却する際は、実績を持つ専門家に相談しましょう。中央プロパティーは、共有名義の不動産トラブルを多く解決した、実績のある専門家が多数在籍している仲介会社です。投資家との繋がりがあり、かつ業界唯一のポスティングシステムを導入していることから、土地を高値で買い取ってもらえます。こちらの仲介会社は、売主に手数料がかからないという特徴があります。共有持分の売却を検討している方はご相談ください。